FC2ブログ

けっこん式の研究所

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10

けっこんしきを1日限定のパティスリーショップに変身させる
ビックプロジェクト、続編です。

今日はあだち博士からの研究報告です。


シェフの新郎、カフェで働く新婦が、
パリの可愛いお菓子屋さんをイメージして、
結婚式場に一日だけのパティスリーショップをオープンするというコンセプトのWEDDINGを
叶えるためのお手伝いをしました。


あらい博士と、初めて一緒に制作をさせてもらったカップルさんです。

このコンセプトから膨らませるあらい博士のアイデアが
本当に面白いんですよ。

私は紙もの一筋ですが、
ウェディングプランナーは本当にやることがいっぱいで…

会場のデコレーションとひとことで言ってはいけないほどのボリュームがあって…
テーマ作り、招待状、装花、テーブルクロス、卓席札や席次表、
ゲストや親族へのサプライズやイベントの仕掛け、引き出物の紙袋のことまで、
とにかく自分だったら泣きべそかきそうな、
良く言えば隅から隅までぜーんぶディレクションできる楽しさが、あるんです…



で、最初に作ったのは、案内状。

1
2

シェフとパティシエの結婚式ということで、
レシピブックのような案内状にしたい!
とのあらい博士との打ち合わせから始まり、
出来たのは「Recipe Book」をイメージした案内状です。


案内状は、レシピブックの表まわりになっていて、
(このブックの使い方を 図解したのはコダワリ!※右側のページ。)

案内状とプロフィールが合体する仕組み。

7



それを持って当日会場に入ると・・・


自分の席にレシピブックの中身をイメージしたプロフィールブックが置いてあります。
(ゲストはその気づきにテンションアップ!!)

9



案内状とプロフィールブックをリボンで結びつけて、

6.jpg

Wedding Recipeの完成。



ちなみに中身はこんな感じです。


3

4

5


個人のペーパーアイテムで100部と少ししか必要ないのに、
箔押し、型抜き、特色4色の贅沢な印刷をしました…

でも大切なんです。


たかが100部、されど「100人もの」ゲストが
一番最初に手に取るinvitation、そしてふたちの手元に一生残るであろうものに、
最高の紙を使いインクを盛って喜んでもらうことに、
あと6,7万お金を使っても何も惜しい事なんてないですよね。

ペラッペラの紙にテカテカのコピー印刷で
良いワケがないんです。

1日限りの結婚式ですが、
一生の宝になるものですから。



どこかで聞いたコピーに似てる…
「一瞬も 一生も美しく(by 資生堂)」まさにこれ!!



表紙に使っているWedding Recipe、

Kouta&Asukaの文字は全て
ふたりのために製作しています。
11
Wedding Recipeの「W」と「R」には飾り線をあしらい、
箔押しがうまく出るように微調整。


魔法の粉のように降りかかるカラースプレーも
一粒ひとつぶ丁寧に配置しました。

パリにありそうな可愛いお菓子屋さんをイメージした
看板のロゴも作り、

12
スイーツに飾り付ける旗や壁に貼るイラストも作って、
14
13


つくってつくって… 



ここから、わたしと
あらい博士の ウェディングWORKが始まったんですよねぇ。


FC2Ad

けっこん式の研究所

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。